ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 鹿ミンチの活用方法を提案

鹿ミンチの活用方法を提案

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月1日更新
いずれも鹿ミンチを活用した3種類のメニュー

いずれも鹿ミンチを活用した3種類のメニュー
焼きキーマカレーパン
鹿ミンチを甜麺醤で味付けした焼きそば
ラー油と花山椒の辛さが夏にぴったり 汁なし担々麺
紹興酒やにんにく、ショウガを使うなどの工夫がなされた

 長門市では、俵山地区を中心にジビエの普及が進められており、猪や鹿肉の商品化が行われています。

しかし、鹿のミンチに関しては需要が少なく、活用法が模索されて来ました。 

 今回、食によるまちづくりを進める団体であるチームNGTが、鹿ミンチのレシピを研究し、3つのメニューを考案し、メンバーが試食会を行いました。

 試食したのは、いずれも鹿ミンチを活用した
・汁なし担々麺
・焼きキーマカレーパン
・やきそば
です。

メンバーは、「鹿ミンチは、歯応えがあり、脂身が少ないという特徴があり、それを活かせるレシピづくりをこころがけました。少しでも鹿ミンチの活用に貢献できれば」と話していました。

今後、さらに味を改良したり、具体的な活用方法について検討していくということです。