ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 近松人形展開幕~ルネッサながと開館20周年記念企画~

近松人形展開幕~ルネッサながと開館20周年記念企画~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新
平家物語の世界をドラマチックに脚色した平家女護島

平家物語の世界をドラマチックに脚色した平家女護島
関八州繋馬、摂津国多田の御所の段に登場する伊予内侍
髪の毛は一本一本編んであり、着物のしわも本物のように緻密に表現されている
平家女護島に登場する平清盛
関八州繋馬の蜘蛛が登場するシーン

 7月1日(木曜日)、ルネッサながとで和紙彫塑作家 内海清美(うちうみきよはる)氏による近松人形展が始まりました。

 旧長門市では平成6年に近松祭in長門を開始し、内海氏に近松門左衛門の作品を基にした和紙人形の制作を依頼し、数年かけて制作された和紙人形は、「曽根崎心中」「国性爺合戦」「平家女護島」「関八州繋馬」の4作品、計130体に及びます。また、市内企業が制作を依頼した「冥途の飛脚」20体を合わせた合計150体の人形をルネッサながとが管理をしています。

 このたび、ルネッサながと開館20周年記念公演に際し、和紙人形の魅力を広く市民の皆さんに伝えたいという思いから約45体がロビーに展示されたものです。

 ルネッサながとの担当者は「近松人形は、あえて瞳がないつくりになっています。これは見る人の心を映し、見る人がさまざまな解釈ができるようにという思いからです。それぞれの楽しみ方でご覧ください。」と話していました。

 ルネッサながとでは7月3日(土曜日)に開館20周年式典が開催され、近松人形展は4日(日曜日)まで行われています。