ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながとブルーエンジェルスが2年連続年間総合優勝に輝く

ながとブルーエンジェルスが2年連続年間総合優勝に輝く

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月27日更新
年間総合優勝は2年連続の快挙

年間総合優勝は2年連続の快挙
年間総合MVPに輝いたカタリナ選手
密集からボールを奪う
鮮やかなトライが決まる
スタンドからは熱い声援が送られた

 「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2021」の今季最終戦が鈴鹿市三重交通Gスポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場で開催され、「ながとブルーエンジェルズ」がシリーズ総合ポイント68ptを獲得し見事、年間総合優勝に輝きました。年間総合優勝は2年連続の快挙です!選手の健闘に心からのお祝いを申し上げます。


また、年間総合MVPにはファタシンプキンズ・カタリナ選手(ながとブルーエンジェルス)が選ばれました!


最後の最後まで諦めない熱いプレーを見せてくれたブルーエンジェルスの選手のみなさんに、これからも負けないくらいの熱い応援を送りましょう!

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2021」年間総合順位は次のとおりです。
優勝:ながとブルーエンジェルス
準優勝:東京山九フェニックス
3位:MIE PEARLS

なお、鈴鹿大会決勝戦で東京山九フェニックスと対戦し、惜しくも10-14で敗れて準優勝となりました。
「シーズン第4戦鈴鹿大会」の結果は次のとおりです。
優勝:東京山九フェニックス
準優勝:ながとブルーエンジェルス
3位:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA
4位:チャレンジチーム