ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 雪景色のなか3学期がスタート

雪景色のなか3学期がスタート

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月8日更新
集団登校で学校に向かう児童

集団登校で学校に向かう児童
寒い中でも交通立哨で児童や生徒に声かけ
児童を送迎する車で混雑するため、学校付近ではとくに交通安全に気を付ける
さっそく雪だるまを作り始める子どもたち

 1月8日(金曜日)、長門市内の小中学校で3学期がスタートしました。

 日本列島が寒波に覆われ、前日から降り続いた雪により、長門市としては珍しい雪化粧のなか、冬休みが明けた児童や生徒たちは、元気に歩いて登校していました。交通立哨の教員がこどもたちに声をかけると、こどもたちも大きな声で「おはようございます。」と返していました。

 深川小学校の児童は、「すべってもう少しでこけそうになったけど、雪が降ってくれてテンションが上がった。雪合戦をしたり、雪だるまを作ったりしたい。」と楽しそうに話していました。

 この日は始業式が行われ、さっそく3学期の授業がスタートするとのことです。