ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市消防団長辞令交付式

長門市消防団長辞令交付式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月4日更新
長門市消防団長辞令交付式が執り行われる

長門市消防団長辞令交付式が執り行われる
江原市長から辞令書が交付
村部博明長門市消防団長が退任され、令和3年1月1日から新たに森孝彰副団長が団長に任命

1月4日(月曜日)、長門市役所本庁舎で長門市消防団長辞令交付式が執り行われました。

 今年は、新型コロナウイルス感染症の影響で消防出初式が中止となったことから、本庁舎で行われたもので、令和2年12月31日をもって、村部博明長門市消防団長が退任され、令和3年1月1日から新たに森孝彰副団長が団長に任命されました。

 式では、江原市長から、村部博明元団長と森孝彰団長に辞令書を交付。江原市長は「村部博明様につきまして50年の長い間、消防団活動に取り組んでいただきありがとうございます。森孝彰団長、これから安全・安心なまちづくりのためにともに努めていきましょう」とあいさつしました。

 団長を退任した村部博明元団長は約50年の消防団活動を振り返り「入団当初は興味半分でしたが、徐々に地域のみなさんとともに生活するため、また地域を盛り上げるためという意識に変化していきました。今後は市民一人ひとりが防災意識の向上に努め、長門市が明るく前進していってほしいです」と語りました。新しく団長に任命された森孝彰団長は「安全・安心なまちづくりのために、組織の充実・強化を図り、消防団としての自覚と誇りを持ち、邁進していきますので、みなさんもご支援・ご協力をお願いいたします」と呼びかけました。