ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ~もしもの事態に備えて連携を確認~令和4年度3市合同防災図上訓練

~もしもの事態に備えて連携を確認~令和4年度3市合同防災図上訓練

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2023年1月17日更新
昨年新たに編成した災害対策本部事務局の訓練を実施

昨年新たに編成した災害対策本部事務局の訓練を実施
各対策班が正確な情報を共有することが大切
統制班との連携についても確認された
下関市・前田市長、美祢市・篠田市長とオンラインで話す江原市長

1月17日(火曜日)、下関市・美祢市・長門市の3市合同による防災図上訓練が実施されました。長門市では、市役所を会場として、昨年度から新たに編成された長門市災害対策本部の事務局職員など約30人が参加しました。

今回の訓練は、台風発生による大規模災害を想定し、長門市災害対策本部事務局の災害対応能力の向上を図り、「組織間の連携」、「情報の収集・整理・分析・共有の要領」、「適時適切な意思決定」を主要項目に行われました。

参加者は、各対策部で台風による被害状況の情報を確認し、人員配置や避難所の開設、他機関への応援要請などの訓練を通して災害対策本部事務局の運用、下関市・美祢市との連携を再確認しました。