ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ~美しい海をいつまでも~長門市海岸清掃の日

~美しい海をいつまでも~長門市海岸清掃の日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月3日更新
市内11カ所の海岸で一斉に清掃が実施

市内11カ所の海岸で一斉に清掃が実施
江原市長が「海は長門市にとって誇りであり財産」とあいさつ
市長と静ケ浦に集まったボランティアが一緒に清掃活動
砂浜に打ち上げられたプラスチックなどを回収
清掃後に参加者全員で記念撮影

 7月3日(日曜日)、市内11カ所の海岸で海岸清掃が行われました。

 「海岸清掃の日」は、すべての海岸が北長門国定公園に指定されている長門市で、海の豊かな資源の恩恵を受ける市民が海の環境を守っていくとともに、市民の誇りと大切な財産である恵まれた美しい海を次世代に引き継いでいくことを目的に、平成18年度から毎年実施されています。

 青海島の静ヶ浦では開会行事が行われ、、実行委員長の江原市長が「一昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、昨年は約1,100人の方に参加いただき、長門市海岸清掃が市民のみなさんの活動として定着しつつあることを嬉しく思います。長門にとって海は誇りであり財産です。最近は不法投棄や海外からの漂着ゴミによって美しさが損なわれています。夏には海水浴場やダイビングなどを目的に多くの人が長門市の海を訪れます。綺麗な海で迎えられるよう、体調管理には十分に気をつけて清掃活動をしましょう」とあいさつしました。

 開会式の後、約1時間の作業が行われ、集まった地域住民やボランティアの手によって、砂浜に打ち上げられたプラスチックなどの多くのゴミが回収されました。