ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 日本マスターズ陸上の新記録更新を市長に報告

日本マスターズ陸上の新記録更新を市長に報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月17日更新
日本マスターズ陸上で新記録を樹立した上田十太さん

日本マスターズ陸上で新記録を樹立した上田十太さん
江原市長が「この環境の中での記録更新は素晴らしいと思います」とお祝いの言葉を送る
「応援してくださった方々に元気を与えられたら」と話す上田さん

 市内在住の上田十太さん(70歳)が、5月5日(木曜日)に行われた第34回岡山マスターズ陸上競技選手権大会に出場し、日本マスターズ新記録を樹立されました。新記録の更新に伴う市長報告会が5月17日(火曜日)、長門市役所で行われました。

 報告会では江原市長が、「日本マスターズ陸上の記録更新おめでとうございます。新型コロナウイルスの影響によるモチベーションの維持の難しさや、思うように練習が出来ないこともあったかと思いますが、そのような環境の中で記録を更新されたことは素晴らしいと思います。市では健幸寿命の延伸を目標にしており、上田さんはまさしくお手本のような存在です」とお祝いの言葉を送りました。

 上田十太さんは、「一昨年、昨年と目指していた全国大会のような大きな大会がなく、モチベーションの維持が難しかったですが、日本記録を作りたいという強い思いで練習をしてきました。記録を更新した時に一緒に走っていた人も喜んでくれたので、レース直後は実感がありませんでしたが、記録を更新できてほっとしています。朝の5時からトレーニングする姿を見て、応援してくださる方も多く、少しでも元気を与えることができたと思っています。今後は800mのタイムをもっと伸ばせる自信がありますし、1995年から破られていない1,500mの記録にも挑戦したいです」と新記録達成の喜びと今後の目標、意気込みを語りました。

【記録】
・M70(男子70歳~74歳)800m
 1位 上田十太さん 記録2分30秒02(日本マスターズ新記録、大会新記録)

・M70(男子70歳~74歳)400m
 1位 上田十太さん 記録1分6秒00(大会新記録)