ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 夜間高速バス「カルスト号」が路線を延長して運行開始

夜間高速バス「カルスト号」が路線を延長して運行開始

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月29日更新
長旅を終えた乗客を労い、記念品を手渡す江原市長

長旅を終えた乗客を労い、記念品を手渡す江原市長
28日の夕方に長門市を出発したバスに乗り込む乗客
座席はそれぞれが独立、リクライニング機能も備わり、快適に乗ることができる
バスの中央部には化粧室が備わっている
関西方面からの乗客には期間限定で記念品のプレゼント

 4月28日(木)から、防長交通株式会社と近鉄バス株式会社が運航する夜間高速バス「カルスト号」が萩バスセンターから道の駅センザキッチンまで路線を延長し、長門市まで運行されることになりました。

 運行開始を記念したキャンペーンが4月29日(金)に行われました。江原市長が終点の道の駅センザキッチンで記念品を直接贈呈し、「長門までの長旅ご苦労様でした。ぜひ長門を楽しんでください」と乗客一人ひとりに声をかけていました。

 その後行われたインタビューに対し江原市長は、「4月28日からカルスト号の運行が開始されることとなりました。市民の皆さん、観光客の方々には大阪に行く時、大阪から来られる時に利用していただきたいと思っています。実際にバスの座席に座ってみましたが、座席が独立していたり、リクライニング機能があるなど快適だったので、ぜひ積極的に使っていただきたいです」と積極的な活用を呼びかけました。

 実際にカルスト号を利用した方は、「普段は夜間バスを利用しないのですが、一つ一つの座席が分かれていて、スペースがしっかりと確保されているので、ゆったりと旅を楽しむことができました。ぜひ今度も利用してみたいです」と感想を話しました。

【運行記念おもてなしキャンペーン】
カルスト号の運行開始を記念したキャンペーンを実施します。
5月31日(火)まで、関西方面からセンザキッチンにお越しの先着100名に長門市の特産品(ゆずきちジュースと温泉の素)をプレゼントしています。
詳しくは長門市ホームページをご確認ください。