ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながとブルーエンジェルスが新体制を市長に報告

ながとブルーエンジェルスが新体制を市長に報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月11日更新
コーチ、選手が「一心同体」となり、総合優勝3連覇を目指す

コーチ、選手が「一心同体」となり、総合優勝3連覇を目指す
「ながとブルーエンジェルスは長門市の誇り」と話す江原市長
「コミュニケーションを通じて選手一人ひとりの強みを発揮したい」と話すキャプテン・パラキゆきさん
姉妹で同じチームでプレーできることに喜ぶバティヴァカロロライチェル海遥さん
「再び長門市に戻ってくることができて嬉しい」と話すアリスティード・グエリエロS&Cコーチ

 4月11日(月)、長門市役所でながとブルーエンジェルスが2022年新体制を市長に報告しました。

 はじめに、ハイパフォーマンスディレクターの村杉徐司さんが新加入のコーチ、選手を紹介。江原市長から「ながとブルーエンジェルスを市民は誇りに思っています。ぜひ全勝で総合優勝3連覇を果たしてほしいです」と激励の言葉を贈りました。

 キャプテンのパラキ・ゆきさんが、「今までの選手、新しく加入した選手一人ひとりの能力、強みをコミュニケーションを通じて太陽生命ウィメンズセブンズシリーズの4つの大会での優勝、そして総合優勝3連覇することを目指して強く戦いたいです」と今シーズンの意気込みを語りました。

 S&Cコーチのアリスティード・グエリエロさんは、東京2020オリンピックのブラジル代表チームが事前キャンプをしたときにコーチとして長門市を訪れました。「長門市にこのような形で戻ってくることができて嬉しいです。日本人選手、外国人選手それぞれに良いところがありますが、もっと成長できると思っていますし、総合優勝3連覇を目指していけると考えています。すばらしい選手ばかりなので楽しみにしています」と話しました。

 市長との歓談が終わった後、最後に記念撮影をして報告会は締めくくられました。

■新加入した選手・コーチは以下のとおりです。
▼コーチ
・ポール・ティッチェン(ヘッドコーチ)
・アリスティード・グエリエロ(S&Cコーチ)

▼選手
・バティヴァカロロ ライチェル海遥(みよ)
・平野優芽(ひらのゆめ)
・田中笑伊(たなかえみい)
・バティヴァカロロ アテザ優海(ゆみ)
・井上藍(いのうえあい)
・プルーニー・キヴィット
・ボーエン・マヌフトゥ
・クリスタル・メイズ
・アカニシ・ソコイワサ

■太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ
・第1戦 4/23(土)24(日) 熊谷大会
・第2戦 5/14(土)15(日) 静岡エコパ大会
・第3戦 6/4(土)5(日) 鈴鹿大会
・第4戦 6/18(土)19(日) 弘前大会
 ※SWEETASでパブリックビューイングを予定