ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 東京2020オリンピック競技大会7人制女子ラグビー日本代表・平野優芽選手のトークイベントが三隅中学校で開催

東京2020オリンピック競技大会7人制女子ラグビー日本代表・平野優芽選手のトークイベントが三隅中学校で開催

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月7日更新
東京2020オリンピック競技大会7人制女子ラグビー日本代表・平野優芽選手

東京2020オリンピック競技大会7人制女子ラグビー日本代表・平野優芽選手
トークイベントに参加した(左から)平野選手、村杉ハイパフォーマンスディレクター、辰巳選手
オリンピアンの貴重な話に生徒も笑顔で聞き入る
平野選手からサイン入りラグビーボールのプレゼントを受け取る生徒会長の和田くん
最後に全員で記念撮影

  12月7日(火曜日)、三隅中学校で東京2020オリンピック競技大会7人制女子ラグビー日本代表・平野優芽選手がトークイベントを行いました。このイベントは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における長門市ホストタウン交流計画に基づき、大会終了後のオリンピアンとの交流事業として行われたものです。

 イベントでは、東京オリンピック出場にかけた思いや、大会に出場して実際に感じたこと、3年後に開催が予定されているパリオリンピックに向けた意気込みについて話されました。また、生徒からの質問に答えたり、生徒と実際にラグビーボールでパスを行い、交流を深めました。

 トークイベントに参加した三隅中学校3年生の田村竜輝さんは、「平野選手の話を聞いて、自分の夢を強く持つことの大切さを学びました。今はまだ自分の将来の夢は決まっていませんが、見つかったら夢に向かって頑張りたいと思います」と話しました。

 また、平野優芽選手は、来春から「ながとブルーエンジェルス」に加入する予定となっています。平野選手は、「ながとブルーエンジェルスは国内最高峰のリーグで2連覇している強いチームで、外国人選手、コーチが在籍しており、日本にいながら世界レベルの練習環境があります。日本でプレーするならこのチームしかないと思いました。まずは、ブルーエンジェルスのチーム、そして長門市のみなさんに受け入れてもらい、歓迎してもらえるように頑張りたいと思います」と話しました。