ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 令和3年度みすゞ児童作品コンクール授業式

令和3年度みすゞ児童作品コンクール授業式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月26日更新
最優秀賞の12名が出席した

最優秀賞の12名が出席した
伊藤教育長が一人ひとりに賞状を手渡した
トロフィーも贈られた
大賞に輝いた3人の児童
昨年より大幅に多い436作品の応募があった

11月26日(金曜日)、令和3年度みすゞ児童作品コンクールの表彰式が開催され、大賞には感想文の部で西本悠希子さん、感想画の部で酒井梨兎さん、自由詩の部で西原悠布さん(すべて深川小学校6年生)が選ばれました。

このコンクールは、金子みすゞさんの詩を通して豊かな感性をより一層育むことを願い、市内の小学生を対象として毎年開催されています。感想文・感想画・自由詩の3部門で合わせて436点の応募があり、この日の表彰式では最優秀賞12点の受賞者が出席しました。各部門の最優秀の中から金子みすゞ記念館の矢崎節夫館長が1点ずつ大賞を選定し、金子みすゞ顕彰会の藤本サツエさんより大賞杯が贈られました。

主催である長門市教育委員会の伊藤充哉教育長から賞状が手渡され、協賛の長門ロータリークラブ 青村修次会長と長門商工会議所青年部 川崎典恵会長からトロフィーが贈られました。

伊藤教育長は「みすゞさんは多様性を認めることの重要性を作品で表現しています。小さな命や目に見えないものも大切だという考え方が皆さんの作品からも感じられ、のびのびと表現されています。みずゞさんのふるさとに育つ皆さんが、多様性に気付いていることを誇りに思います。」とあいさつしました。

大賞を受賞した3人にインタビューしたところ、感想文の部の 西本悠希子さんは「金子みすゞさんの人があまり見ないものに目を向けるやさしさが好きです。私も普段の生活にそのような視点を活かしていきたいです」、感想画の部の酒井梨兎さんは「受賞できてうれしいです。金子みすゞさんの作品は、人やものそれぞれのいろんな気持ちが表現されているところがすごいと思います。」、自由詩の部の西原悠布さんは「精霊船はおじいちゃんの地域の伝統で、初盆に海に流した精霊船が沖まで進んでいったことが印象に残っていて詩にしてみました。本当に起こったできごとを詩にしたので、次も何か特別なことがあれば詩を作ってみたいです。」と答えてくれました。

受賞作品名・受賞者は以下のとおりです。

≪大賞(各部門最優秀作品から1点)≫

  • 感想文 浜の石/西本悠希子(深川小学校6年)
  • 感想画 草原の夜/酒井梨兎(深川小学校6年)
  • 自由詩 精霊船/西原悠布(深川小学校6年)

≪最優秀賞(感想文)≫

  • 雀のかあさん/今津結音(油谷小学校4年)
  • 雀のかあさん/馬渡初音(深川小学校5年)

≪最優秀賞(感想画)≫

  • 雀のかあさん/松浦莉子(仙崎小学校4年)
  • 明るい方へ/新宅由芽(通小学校5年)

≪最優秀賞(自由詩)≫

  • すずめのあかちゃん/平岡望海(向津具小学校1年)
  • うし/谷村茜(日置小学校2年)
  • うらしまたろう/國近太雅(深川小学校3年)
  • サバーサマおくり/村田菜心(油谷小学校4年)
  • 空と私/岩本愛美(日置小学校5年)