ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 県民活動きらめき賞の受賞を市長に報告

県民活動きらめき賞の受賞を市長に報告

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月4日更新
県民活動きらめき賞の受賞を市長に報告

県民活動きらめき賞の受賞を市長に報告
花と緑のまちづくり推進協議会会長の中野美佐子さん
花と緑のまちづくり推進協議会副会長の森田宏昭さん
市内141カ所の花壇の整備を行っている

 11月4日(木曜日)、長門市役所で県民活動きらめき賞の受賞報告会が行われました。これは、長門市花と緑のまちづくり推進協議会が、公益財団法人きらめき財団から県民一人ひとりがきらめき、元気で活力ある地域づくりを促進するため、自主的・主体的な県民活動を推進している団体として「県民活動きらめき賞」を受賞したものです。

 長門市花と緑のまちづくり推進協議会には、市内ボランティア団体の77団体が登録しており、市内141カ所の花壇の整備を行っています。平成22年の設立以来、長年にわたって地域の緑化や住民のまちづくり意識の醸成、環境美化に寄与してきたことが認められ、今回の受賞に至りました。

 報告会で江原市長は、「県民活動きらめき賞の受賞、本当におめでとうございます。みなさまには花と緑のまちづくりに日ごろから取り組んでいただき感謝しています。市としても市民のみなさんと一緒になって花と緑のまちづくりに取り組んでいきたいと考えています」と話しました。

 長門市花と緑のまちづくり推進協議会の会長・中野美佐子さんは、「わたしたちが賞をしたことで、みなさんの元気や活力になればと思いました。水やりをしているときに感謝されたり、癒されると言っていただけるととてもうれしいです。これからもみなさんの活力になれるように、花を可愛がって育てていきたいと思っています」と受賞の喜びを話しました。