ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「2022年みすゞうたカレンダー原画展(絵:尾崎眞吾)」がスタート

「2022年みすゞうたカレンダー原画展(絵:尾崎眞吾)」がスタート

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月2日更新
カレンダーの絵が13作品展示されている

カレンダーの絵が13作品展示されている
尾崎先生による心温まるかわいらしい絵が並ぶ
この日修学旅行で記念館を訪れていた児童たち
数多くある詩から自分のお気に入りの作品を選んでいた

11月2日(火曜日)から金子みすゞ記念館で、「2022年みすゞうたカレンダー原画展(絵:尾崎眞吾)」が始まりました。

 長門市広報誌「知っちょこ」にみすゞギャラリーを平成17年4月から16年間にわたり掲載している、長門市在住のイラストレーター尾崎眞吾さんの作品展が開催されています。作品は金子みすゞ記念館で販売している尾崎さんの優しさあふれるイラストと金子みすゞの詩をコラボレーションした「2022年 みすゞうたカレンダー」の原画13点が展示されています。

 金子みすゞ記念館学芸員の宇野智香さんは、「尾崎先生による書き下ろしの絵で、心温まるかわいらしい作品が展示されています。あまり知られていない詩がピックアップされているので、新たな詩を知る良いきっかけになればと思っています」と話しました。

 展示は12月30日(木曜日)まで開かれています。

■2022年みすゞうたカレンダー原画展(絵:尾崎眞吾)
日時 11月2日(火)~12月30日(木) 9時~17時(最終入館は16時30分まで)
場所 金子みすゞ記念館 本館 企画展示室
入場料 大人350円、小中高生150円(長門市民は無料)
      団体料金(20名以上) 大人300円、小中高生100円