ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ~第6回JAL向津具ダブルマラソン開催に向けて~大浦海岸でJAL・東亜大学と海岸清掃

~第6回JAL向津具ダブルマラソン開催に向けて~大浦海岸でJAL・東亜大学と海岸清掃

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月30日更新
漂流した大きな漁獲用網をみんなで協力して運ぶ

漂流した大きな漁獲用網をみんなで協力して運ぶ
「来年はぜひ大会を開催したい」とあいさつする江原市長
「海岸清掃はSDGsの取組にもつながる」と話す日本航空山口支店・小林支店長
東亜大学の学生も参加して漂着ごみを集めた
清掃終了後、参加者全員でW(ダブル)の並びで記念撮影

 10月30日(土曜日)、長門市油谷の大浦海岸で日本航空、東亜大学、JAL向津具ダブルマラソン実行委員会・長門市による海岸清掃が行われ、約70人が参加しました。

 これは、例年6月に開催されている「JAL向津具ダブルマラソン」の開催に合わせ、継続的な清掃活動を行っていましたが、2年連続で大会が中止になったことにより、残置された漂流ごみから長門市の豊かな自然を守るために開催されたものです。

 開催に際し、江原市長が「向津具半島の海岸には多くの漂流ごみが取り残された状態となっています。今回、日本航空・東亜大学のみなさんに協力いただき、海岸清掃を行うことになりました。新型コロナウイルス感染症がこのまま収まり、来年のJAL向津具ダブルマラソンを万全の状態で開催できればと思っています」とあいさつしました。

 日本航空山口支店・小林信也支店長は「海岸清掃を行うことはSDGs(持続可能な開発目標)の活動にもつながります。海岸清掃を通して、長門市の美しい海、豊かな自然を満喫してほしいと思っています」と話しました。

 海岸清掃は2時間ほど行われ、ペットボトルや漁獲用のネットなどの漂着ごみが回収されました。海岸清掃に参加した東亜大学の学生は「想像していた以上に漂流ごみがあったので驚きました。今回の海岸清掃で、長門市の海が少しでも綺麗な海になってほしいと思います」と感想を話しました。