ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 三隅八幡宮秋季例大祭が開催~久しぶりの祭りに笑顔あふれる~

三隅八幡宮秋季例大祭が開催~久しぶりの祭りに笑顔あふれる~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月16日更新
毎年9月16日に開催される三隅八幡宮秋季例大祭

毎年9月16日に開催される三隅八幡宮秋季例大祭
季節の巡りや自然の恵みに感謝し、小学生による舞などが奉納される
地域の子どもや家族連れで賑わった
久しぶりの祭りに子どもたちの笑顔があふれる

9月16日(木曜日)、三隅八幡宮で秋季例大祭が開催されました。

今年度も昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響で、県指定無形民俗文化財「滝坂神楽舞」「腰輪踊り」の奉納は中止となりましたが、参道には露店が立ち並び、多くの子どもたちや家族連れで賑わっていました。

小学生による「巫女舞」の奉納では、自然の恵みや季節の巡りに感謝する豊栄(とよさか)の舞が披露されました。

その後、地元の自治会により飾り神輿が八幡宮を出発し、地域を巡る渡御祭(とぎょさい)が行われました。

三隅八幡宮の古屋正次宮司は、「8月から祭りの開催について協議していましたが、開催してほしいという多くの声がありました。感染対策を行い、無事に祭りを開催することができました。多くの子どもたちの笑顔を見ることができて良かったです」と話しました。