ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 新生児誕生祝い品第3弾「ぞうさんのつみき」の贈呈式

新生児誕生祝い品第3弾「ぞうさんのつみき」の贈呈式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月30日更新
市長から新生児に「ぞうさんのつみき」が贈呈された

市長から新生児に「ぞうさんのつみき」が贈呈された
NPO法人「人と木」理事長の岩本さんから新生児に贈呈された
「ぞうさんのつみき」のデザインと制作を担当した木工房ふぉれすと代表・川浪茂さん
今回贈呈を受けた(左から)財満弥穂さん・結愛さん親子、山川亜侑美さん・桧央さん親子
誕生祝い品の第3弾として登場した「ぞうさんのつみき」

 8月30日(月曜日)、長門おもちゃ美術館で新しい誕生祝い品「ぞうさんのつみき」の贈呈式が行われました。

 今回誕生祝い品が贈呈されたのは、財満弥穂さん・結愛さん親子、山川亜侑美さん・桧央さん親子の2組です。江原市長が「長門市にとって子どもは宝です。子どもたちが長門市の豊かな自然の中ですこやかに成長できる環境を作ることが大切だと感じています。今回のぞうさんのつみきで一緒に遊んで絆を深め、親子でコミュニケーションをしっかりと取ってほしいと思います」とあいさつしました。その後、江原市長とNPO法人「人と木」岩本理事長から「ぞうさんのつみき」が手渡されました。

 「ぞうさんのつみき」の贈呈を受けた財満さんは、「ぞうのデザインがとてもかわいらしく、子どもも気に入っていると思います。長門市にこのような制度があるのは嬉しいです。子どもが大きくなったらおもちゃ美術館に連れてきたいです」と感想を話しました。

 長門市では市内で産まれた新生児に、長門市の職人が長門市の木で作ったおもちゃをプレゼントしています。誕生祝い品第3弾となる「ぞうさんのつみき」をデザイン・制作した「木工房ふぉれすと」代表の川浪茂さんは、「温かみのある長門市のシイの木を使用し、親子で楽しんでもらえるもの、家族で遊びの時間を共有できるもの、長く使えるものをコンセプトとして制作しました。赤ちゃんにも親しみやすいようにかわいいデザインにしたので、長く大切に使ってほしいと思っています」と制作に込めた想いを話しました。