ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第4次ながと男女共同参画計画の策定に向けて市長からの諮問

第4次ながと男女共同参画計画の策定に向けて市長からの諮問

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月20日更新
江原市長から長門市男女共同参画審議会の松尾会長へ諮問書が手渡された

江原市長から長門市男女共同参画審議会の松尾会長へ諮問書が手渡された
SDGs実施指針「あらゆる人々が活躍する社会・ジェンダー平等の実現」などが盛り込まれている
「長門市から男女平等・ジェンダー平等の輪を広げていきたい」と話す松尾会長

7月20日(火曜日)、長門市役所で第4次ながと男女共同参画計画の策定に向けて、長門市男女共同参画審議会へ市長から諮問が行われました。

市長の諮問を受けたのは審議会の会長の松尾茂子さん。市長から松尾さんに向けて、SDGs実施指針「あらゆる人々が活躍する社会・ジェンダー平等の実現」などが盛り込まれた内容の諮問書が読み上げられ、その後手渡されました。

松尾さんは「私が会長になってからは感染症の影響で、直接会って話し合うということがなかなかできていませんが、委員の皆さんそれぞれが情報を収集されていると思いますのでこれから良い方向に向けて討議していきたいと思います。長門市が男女共同参画・ジェンダー平等を実現し、そこを原点として平等の輪が県や国に広がっていくといいなと思っています。」と述べました。

第4次ながと男女共同参画計画は令和4年度が始期となる計画で、策定に向けて準備が進められています。