ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > やきとり店の起業にむけて~地域おこし協力隊の田中隊員が市長に退任報告~

やきとり店の起業にむけて~地域おこし協力隊の田中隊員が市長に退任報告~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月28日更新
長門市役所で行われた田中隊員の退任報告

長門市役所で行われた田中隊員の退任報告
このたび、やきとり店開業を機に地域おこし協力隊を退任する田中さん
江原市長からこれまでの取り組みに対するねぎらいとこれからの活躍に対する期待の言葉がおくられました
やきとりの技術習得ややきとり文化の情報発信に取り組まれてきた田中さん。ガイドブックも3月末に完成して各所で配布されている。
田中さんは退任後、長門市に定住し、長門市駅南でやきとり店「田中家」を開業予定です。

4月28日(水曜日)、長門市地域おこし協力隊の田中陽一郎隊員が市長に退任の報告を行いました。

田中隊員は、令和元年12月に、長門市で16番目の地域おこし協力隊として着任。やきとりのまち長門推進事業担当として、これまで、やきとり店舗での実務研修や研修・セミナーへの参加、やきとり職人体験の企画や小学校でのやきとり授業、「ながとやきとりガイドブック」の発行など、さまざまな取組を通じてやきとり技術の取得や情報発信を行い、長門市のやきとり文化の普及・推進に大きく貢献されました。

このたび、やきとり店の開業を機に、地域おこし協力隊を退任することになった田中さん。退任報告のあいさつで田中さんは「夢だったやきとり店の起業を長門で実現できるのは、いろんな方の支えがあったおかげです。1年4か月という期間が3年間に感じるほど、濃密な期間を過ごさせていただきました。みなさんに感謝しています。」と述べました。

江原市長からは「やきとり文化の継承・普及に向けて取り組んでいただき、ありがとうございました。特に3月に発行されたガイドブックはすばらしく、多くの方がガイドブックを手に取っておられることと思います。退任後はやきとり店をオープンされるということで、これからのご活躍も期待しています。」とねぎらいと激励の言葉がおくられました。

田中さんは、地域おこし協力隊になる前から「やきとり店を起業したい」という思いをもっていました。退任後も長門市に定住し、やきとり店「田中家(たなかや)」の開業を目指してこれから本格的に準備を進めていく予定です。開業は5月中を予定しているとのことです。