ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながとブルーエンジェルス交流大会が開催

ながとブルーエンジェルス交流大会が開催

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月11日更新
ヤマネスタジアム俵山で行われた交流大会

ヤマネスタジアム俵山で行われた交流大会
ながとブルーエンジェルスのプレーに拍手が起こる
福岡県などから高校・大学・社会人のチームが参加した
広いフィールドを駆け抜けた選手たち
5月からの大会に向けて、選手たちは調整やトレーニングを行っている

4月10日(土曜日)と11日(日曜日)の2日間、ヤマネスタジアム俵山(俵山多目的交流広場)において、ながとブルーエンジェルスの交流大会が開催されました。

ながとブルーエンジェルスは、キャンプ招致のレガシーとして平成29年に発足した7人制女子ラグビーチームです。各種大会やシリーズに出場する中、市内行事や地域でのスポーツ教室の開催や、飲食とスポーツを楽しめる複合施設「スイートアズ(SWEET AS)」の運営に取り組まれるなど地域内外で活躍されています。

交流大会には、福岡などから3チームが参加。各チーム練習などでコンディションを整えたあと、試合に臨みました。

観客席には市民やながとブルーエンジェルスのサポーターらが来場。試合で繰り出されるパスやタックル、スピーディーな走り、トライやキックなどに拍手を送り応援しました。

これから、ながとブルーエンジェルスはトレーニングや調整を行い、5月からはじまる太陽生命ウィメンズセブンズシリーズの大会に出場する予定です。活躍が期待されています。