ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 河川での安全を祈願して〜長門湯本温泉で安全祈願祭が開催〜

河川での安全を祈願して〜長門湯本温泉で安全祈願祭が開催〜

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月25日更新
河川活用が本格的にはじまるシーズンを前に、安全祈願祭が行われた

河川活用が本格的にはじまるシーズンを前に、安全祈願祭が行われた
長門湯本温泉の立ち寄り湯「恩湯」前の川床に地元事業者や住民ら約10人が集まった
大寧寺の岩田住職により安全祈願祭が実施
長門湯本温泉の掲げる「オソト天国」のステートメントのもと、安全にそぞろ歩きが楽しめるよう祈願された

3月25日(木曜日)、長門湯本温泉の恩湯近くの川床で、川床安全祈願祭が開催され事業者や地元住民ら関係者約10人が出席しました。

長門湯本温泉では1年前、温泉街全体がリニューアル。「オソト天国」のコンセプトのもと、そぞろ歩きが楽しめる温泉街を目指してさまざまな取組が行われています。

温泉街を流れる音信川を中心に、川に親しむことができる川テラス(川床や置き座)や飛び石が複数設置され、長門湯本温泉ならではの魅力となっています。

春が訪れ、河川の魅力をより一層楽しめる時期がはじまります。今日は本格的な利活用が行われる前に、大寧寺の岩田住職により安全祈願が執り行われ、出席した地元事業者や住民などの関係者はシーズン中の安全を祈願しました。

事業者により、川床を活用した各種サービスも開始されています。

最新の情報は長門湯本温泉 観光公式サイトなどでご確認ください。

■長門湯本温泉 観光公式サイト https://yumotoonsen.com/<外部リンク>

●Facebookページ「長門湯本温泉観光情報サイト」 https://www.facebook.com/yumotomirai/<外部リンク>
●Instagramアカウント「長門湯本温泉 公式観光サイト」 https://www.instagram.com/yumoto.mirai/<外部リンク>