ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 金子みすゞ記念館で「東日本大震災から10年 よりそう心展」がスタート

金子みすゞ記念館で「東日本大震災から10年 よりそう心展」がスタート

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月2日更新
3月2日からはじまった「東日本大震災から10年 よりそう心展」

3月2日からはじまった「東日本大震災から10年 よりそう心展」
10年前、募金活動が始まり、全国から支援が集まった。
被災地の学校に送られた詩集には、ひとつひとつ手書きのメッセージが添えられた。
お礼の手紙も多数展示。
感謝の言葉が書かれている。

3月2日(火曜日)から、金子みすゞ記念館の企画展示室で「東日本大震災から10年 よりそう心展」が開催されています。

東日本大震災が起こった10年前から始まった「東日本大震災救援金子みすゞ募金(こだまでしょうか募金)」では5年間で約1,400万円の募金が集まり、記念館では子どもたちへの支援として、約12,000冊の金子みすゞの詩集や絵本を送ってきました。また、商業施設で特別復興企画展を開催するなど、さまざまな支援・交流事業に取り組まれています。

展示されているのは、詩集や絵本を被災地に送った10年間の記録や手書きメッセージ、被災地からのお礼の手紙、当時の新聞などです。当時の記録や感謝のメッセージなどを振り返ることで「よりそう心」に触れることができます。

会期は3月30日(火曜日)までです。

■東日本大震災から10年 よりそう心展
日時:令和3年3月2日(火曜日)〜令和3年3月30日(火曜日)9時〜17時(入場は16時30分まで)
場所:金子みすゞ記念館(長門市仙崎1308番地)
入場料:大人350円、小中高校生150円 (長門市民は無料)