ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながと大津商工会が新型コロナウイルス感染拡大にかかる要望書を提出

ながと大津商工会が新型コロナウイルス感染拡大にかかる要望書を提出

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月24日更新
ながと大津商工会が要望書を提出

ながと大津商工会が要望書を提出
アンケートの調査結果と相談などを鑑みた支援策を市に要望しました
安倍隆史会長ほか3人が出席

4月24日(金曜日)、ながと大津商工会が江原市長に新型コロナウイルス感染拡大にかかる支援策の要望書を提出しました。

 ながと大津商工会が先日、会員300余事業所へ向けて、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う経営への影響や要望についてアンケート調査を実施したところ、「仕事の激減および影響時間の短縮と給料の減額など先の見通しがなく不安」、「行事の中止によって売り上げが全くなく打撃を受けている」などの結果を集約したうえで市に要望書を提出。ながと大津商工会の安倍隆史会長は「新型コロナウイルス感染症の影響で経営状態が悪く、感染症の終息もまったくわかりません。アンケート結果と当会での相談など鑑みた支援策について市独自の支援を要望します」と江原市長に要望しました。

 要望書の内容については下記のとおりです。

  1. 営業活動を自粛する小規模事業者に対する給付金等の補償制度の創設
  2. 雇用調整助成金等の申請に係る専門家謝金の助成
  3. マスク、消毒薬等の充実化