ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「赤い羽根共同募金」地域歳末たすけあい運動の街頭啓発活動~つながり、ささえあう、みんなの地域づくり~

「赤い羽根共同募金」地域歳末たすけあい運動の街頭啓発活動~つながり、ささえあう、みんなの地域づくり~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月2日更新
12月は地域歳末たすけあい運動の期間

12月は地域歳末たすけあい運動の期間
市内のショッピングセンター2カ所で啓発活動を行った
買い物に訪れた方からのご協力により寄付が集まり、その一部は地域福祉に還元される
東深川のAコープでも該当啓発活動を実施
赤い羽根共同募金は10月1日から3月31日まで

12月2日(火曜日)、「赤い羽根共同募金」地域歳末たすけあい運動 街頭啓発活動が実施されました。

赤い羽根共同募金は、民間の運動として昭和22年にスタートし、日本の寄付文化の象徴として「たすけあいの心」を育んできました。運動期間は10月1日から3月31日までとなっています。

12月1日からは、地域歳末たすけあい運動として、地域住民やボランティア、関係機関や団体の協力のもと、「つながり、ささえあう、みんなの地域づくり」をスローガンに「地域歳末たすけあい運動」を展開しています。

この日は、市内2カ所のショッピングセンターで共同募金の啓発活動が行われました。

油谷のサンマートでは長門市共同募金委員会と、同委員会の会長を務める江原市長が、買い物に訪れた市民に寄付の呼びかけを行いました。江原市長は「集まったお金の一部は地域に還元されますので、ご協力をお願いいたします。」と共同募金の趣旨を説明し寄附を募りました。