ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 演奏をラジオにのせて~大津緑洋高校吹奏楽部のラジオ番組「ブリランテ」の収録~

演奏をラジオにのせて~大津緑洋高校吹奏楽部のラジオ番組「ブリランテ」の収録~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月19日更新
大津緑洋高校・吹奏楽部、生徒発案のラジオの収録演奏で久しぶりに演奏を披露できる

大津緑洋高校・吹奏楽部、生徒発案のラジオの収録演奏で久しぶりに演奏を披露できる
今年度は演奏会がすべて中止。今回のラジオで久しぶりの演奏披露の場。
ラジオ番組では部長・副部長の3人によるトークも放送される
常時換気を行いディスタンスを確保するなど、対策も実施

11月19日(木曜日)、大津緑洋高等学校音楽室でラジオ番組「大津緑洋高校吹奏楽部 ブリランテ」の収録が行われました。

ラジオ番組「ブリランテ」は、大津緑洋高校吹奏楽部が企画・出演する番組です。

今年3月から新型コロナウイルス感染症の影響でコンクールや演奏会がすべて中止となり、例年のように演奏を披露することができませんでした。そこで、「自分たちの音楽を届ける方法はないか」という思いから、部長・副部長の発案により、長門市のコミュニティラジオ局「FMアクア」で番組を制作・放送することになりました。

本日行われた演奏収録では、クリスマス演奏会を目指して練習を重ねてきた2曲、「Rain(Sekai No Owari)」と「クリスマスソング(back number)」を演奏。部員14人みんなでの合奏は今年度になって初めて。楽しく、明るく、息の合った演奏を披露してくれました。

番組内では、部長の山田菜奈江(やまだななえ)さん、副部長の松本智(まつもとあきら)さん・山本有莉(やまもとゆり)さんの3人で部活や吹奏楽に関するトークをする場面もあります。

部長の山田さんは「演奏会がすべて中止となり、なんとかみんなに演奏を聴いてもらえる方法はないかと考えました。ラジオでの放送を提案したところFMアクアさんからオッケーをいただくことができました。みんなで合奏するのは久しぶりなのでとても楽しいです。長門市の人に演奏を聴いてもらって明るい気持ちになってもらいたいです。」と思いを語りました。

吹奏楽部顧問の岡本美和(おかもとみわ)さんは「地域の方にいつも励ましをいただいていましたが、今年は演奏を披露する場がなくなり生徒たちも寂しい思いをしていたと思います。みなさんにぜひ聴いていただきたいです。」と語ってくれました。

ラジオ番組「ブリランテ」は、11月27日(金曜日)の16時からFMアクアにて放送予定です。内容は、今回収録した演奏、部長・副部長によるトークなどを含めて約1時間の番組を予定しています。12月4日までの1週間、毎日16時から再放送されます。