ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ながとでカタろ~大津緑洋高校の生徒が長門で活躍する大人と交流~

ながとでカタろ~大津緑洋高校の生徒が長門で活躍する大人と交流~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月4日更新
山口県立大津緑洋高等学校の1年生がグループに分かれて対話

山口県立大津緑洋高等学校の1年生がグループに分かれて対話
長門で活躍する15名の大人が参加した
大人がこれまでの経験などを語り、生徒と交流を深める
生徒からも大人からも質問しあい、交流を深めた
2コマの授業でこれからの在り方・生き方を考える機会となった

11月4日(水曜日)、山口県立大津緑洋高等学校で、大津キャンパスの1年生78名と長門で活躍する大人15名が対話を行う授業「長門学」が開催されました。

この取組は、学習カリキュラムの一環として、大津緑洋高等学校と長門市しごとセンターを運営しているNPO法人つなぐが連携して実施するものです。10月から12月までの14コマの授業で高校生が長門のことを学びます。

今回は、「人」に焦点をあてて、長門で活躍する大人15名と生徒がグループワーク形式で交流しました。参加した大人は、業種もこれまでの経歴もさまざま。どんな人生を歩んできたか、ターニングポイントとなった出来事、大学でのこと、長門市外や海外のくらし、仕事のことなど、生徒は大人から話をきくことで、進路や生き方を考える機会となりました。

生徒は自己紹介を行い、大人との会話の中で将来の夢や進路のことなどを語りました。グループでの振り返りの際には、「人生山あり谷ありというお話をきくことができた」などの感想が発表されました。

NPO法人つなぐのスタッフで、大津緑洋高校のコミュニティスクール活動推進員である岩本さんは「高校生に大人と話す経験をしてほしい。今日話した方は長門で活躍されているので、この授業が終わっても、まちで会った時に声をかけられるような雰囲気になってほしい。」と語りました。

今後、これまでの取組を動画にするなどの授業を経て、12月に学習成果の発表会が開催される予定です。