ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 仙崎公民館の建て替えに関する要望書を提出

仙崎公民館の建て替えに関する要望書を提出

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月19日更新
この日のために仙崎地区住民の意見を集約し、要望書にまとめた

この日のために仙崎地区住民の意見を集約し、要望書にまとめた
要望書を渡す沓野会長と深本仙崎婦人会長
新公民館にはエレベーターの設置を要望しますと話す沓野会長

 10月19日(月曜日)、市長応接室にて、老朽化が進む仙崎公民館の新規建築に関する要望書が江原市長あてに提出されました。

 要望書は、仙崎振興会、仙崎地区自治会長会、仙崎婦人会の連名となっており、仙崎地区の全戸に意見を求め、主要関係団体と協議を重ねた結果、現在地での建て替えを望む内容となっています。

 仙崎振興会長であり、仙崎地区自治会長会会長も務める沓野昭次氏から「仙崎地区の住民は公民館の建て替えを待ち望んでいます。現在の公民館は駐車場が狭く、エレベーターもないため、高齢者が利用しにくい状況にありますので、住民が利用しやすい施設となるよう要望します。」と要望書を江原市長に手渡しました。

 江原市長は、「現在地での建て替えが仙崎地区の住民の総意と受け止めました。駐車場の問題も含めてしっかり検討させていただきます。」と答えました。