ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 俵山小学校の児童が一位ヶ岳を登る

俵山小学校の児童が一位ヶ岳を登る

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月16日更新
1年生から6年生まで、すべての学年の児童が一位ヶ岳鍛錬遠足に参加

1年生から6年生まで、すべての学年の児童が一位ヶ岳鍛錬遠足に参加
3班にわかれて登山への気合いを入れる
山頂には絶景が広がっていた
登山の疲れも忘れて山頂を大いに楽しむ児童たち

10月16日(金曜日)、俵山小学校で一位ヶ岳登山遠足が開催されました。

俵山小学校の恒例となっている一位ヶ岳登山遠足。今回参加したのは児童27人と保護者・教員の約40人。一位ヶ岳の標高約671メートルで、この遠足のために事前に地域住民や保護者が整備した登山ルートを通って登りました。

この登山遠足にはすべての学年の児童が参加しました。険しい箇所も多く、高学年の児童が低学年の児童の手を引いたり荷物を持ってあげたりするなど、声を掛け合い助け合いながら山頂を目指しました。

山頂付近の急な坂道をロープをつたいながら登っていくと、山頂には日本海まで見渡せる景色が広がっており、参加した児童や保護者は登頂後の絶景を楽しみました。

児童は、無事にたどり着くと登山の疲れも忘れて走りまわり、仲良く楽しく遊んでいました。