ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > #あの熱狂をもう一度 カナダ代表チームキャンプ期間中の写真パネル展示

#あの熱狂をもう一度 カナダ代表チームキャンプ期間中の写真パネル展示

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月25日更新
市役所ロビーの一角で展示

市役所ロビーの一角で展示
キャンプの記録を掲載したリーフレットをあわせて配布
わずか11日間の滞在期間にさまざまな交流が行われた
SNSでの発信を呼びかける事務局職員

9月25日(金曜日)、市役所1階ロビーで、昨年のラグビーワールドカップカナダ代表チームのキャンプ期間中の動きを撮影した写真展示が始まりました。

現在、日本ラグビーフットボール協会を中心に、ラグビーによる地域振興を目指す全国の自治体で構成された「自治体ワンチーム」の取組の一環として、SNSにハッシュタグ付きの投稿を展開する「#あの熱狂をもう一度」が実施されています。

長門市では、SNSだけでなく独自企画として、市役所本庁ロビーで写真展を行ったり、写真をまとめたリーフレットを配布したりと、より多くの人に当時の熱狂や盛り上がりを思い出してもらえるような取組を展開しています。写真展示では、カナダ代表チームが仙崎小学校で綱引きに参加したり、地引網を体験している様子などを見ることができます。

長門市世界大会等キャンプ招致委員会事務局(長門市観光政策課内)では、「公開練習やファンサービスだけでなく、体験観光や学校訪問など、期間中はさまざまな形で交流が行われましたので、ぜひ長門市にお住いの皆さんにも、ハッシュタグ「#あの熱狂をもう一度」をつけて、それぞれのSNSで発信していただければうれしく思います。」と話していました。