ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 経営持続化支援金の窓口を設置

経営持続化支援金の窓口を設置

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月22日更新
担当職員が手続き方法や必要書類について相談を受けます

担当職員が手続き方法や必要書類について相談を受けます

 6月22日(月曜日)、長門市役所1階市民ロビーに「経営持続化支援金」の相談窓口が設置されました。

 これは、新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少した事業者に対して、経営を持続化するために支援金を給付する制度で、1事業所(店舗)15万円、2店舗以上の場合は30万円が給付されます。

 対象となる事業者は、

  • 市内で営業を行っている法人または個人(農林漁業者は除く)
  • 最近1ヶ月間の売上が前年同月比で20%減少している
  • 山口県の協力金・支援金の対象施設以外の事業者

 提出書類は、

  • 申請書
  • 月ごとの売上台帳や試算表(今年と昨年分)
  • 通帳等のコピー
  • 店舗一覧(3店舗以上の場合のみ必要)
  • 運転免許証などのコピー(個人事業主のみ)

 手続きには印鑑(法人の場合は会社印)が必要です。

 申請期間は8月31日(月曜日)までです。

 提出先・相談窓口は

 長門市産業戦略課商工物産振興班 Tel 0837-23-1136

 お気軽にご相談ください。