ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 大越の浜を地元児童が清掃

大越の浜を地元児童が清掃

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月10日更新
約20分の間清掃活動を実施

約20分の間清掃活動を実施
プラスチックなどのごみを丁寧に回収
集めたごみは通小学校まで運びました
通小学校児童16人が活動した

6月10日(水曜日)、通小学校の児童が大越の浜の清掃活動を行いました。

 この活動は毎年実施しており、昨年にはこの長年の取り組みが評価され、国土交通大臣賞を受賞しています。この日、通小学校の全児童16人と先生が参加しました。

 昼過ぎに通小学校から大越の浜に移動した後、先生からごみの分別や注意事項の説明がされた後、いくつかの班に分かれて、各自の持ち場の清掃を実施。漂着物にはプラスチックのごみが多く、児童はトングを使用して約20分間ごみを集め、合計10袋のごみを回収しました。

 通小学校6年の河野太亮さんは「ペットボトルなどがたくさんあったけど、最初に比べてごみが減って良かったです。毎年、ごみが沢山あるので増えないように使ってほしい」と話しました。