ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 「食」と「絶景」を楽しむ~ながとブルーオーシャンライドwith秋吉台~

「食」と「絶景」を楽しむ~ながとブルーオーシャンライドwith秋吉台~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月23日更新
383人が参加し、道の駅センザキッチンを順次スタート

383人が参加し、道の駅センザキッチンを順次スタート
秋吉台の景色を楽しみながら走る
俵山の里山ステーションのエイドで疲れた体を癒す
大浜海岸ではきれいな海を眺めながらカレーを食べていました
食と景色を楽しみ道の駅センザキッチンにゴール

 11月23日(土曜日)、快晴のもと「ながとブルーオーシャンライドwith秋吉台」が開催されました。

 今年で4回目となる大会は、地域の「食」と「絶景」を味わいながらサイクリングを楽しむことを目的に、24都道府県からサイクリングコースに290人、トレインコース(ミドル)43人、トレインコース(ショート)50人の計383人が参加。ゲストライダーの自転車ロードレースチーム「シマノレーシング」一丸尚伍選手ら4人も参加者とともに疾走し、秋吉台や大浜海岸など両市の魅力あふれる自然を楽しみました。また、途中に設けられたエイドでは、石窯パンのフレッシュサンドや長州どりトマトカレーなどを食べて、疲れた体を癒していました。

 山口市から参加した男性は「同大会には2回目の参加だが、コースも変わり走りがいがある。ボランティアスタッフもとても親切で楽しかった。また来年も参加したい」と語りました。