ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 防火を呼びかけ~秋季全国火災予防運動~

防火を呼びかけ~秋季全国火災予防運動~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月6日更新
黄波戸保育園園児らが防火を呼びかけ

黄波戸保育園園児らが防火を呼びかけ
約20分ほど保育園周辺をまわりました
漁協前でお遊戯を披露
園児らはミニ消防車に試乗しました
保護者らは初期消火について指導を受けました

11月6日(日曜日)、秋季全国火災予防運動に合わせて、黄波戸保育園で防火パレードが開催されました。

 この日、黄波戸保育園の園児18人と保護者13人が防火法被を着て、拍子木などを持ち、黄波戸保育園を出発。約20分ほど防火を呼びかけて、漁協前に到着すると、園児らはかわいらしいお遊戯の後に防火の誓いを行いました。

 その後、保育園で園児らはミニ消防車に乗り、保護者は初期消火の訓練として、消火器の使用方法を実践。保護者は消火器の使用期限や注意点など消防士から指導を受けました。

 西消防署の長井消防士長は「秋から冬になるにつれて、火災が増えていきます。屋内や屋外で火を使用する際には、十分に火の元に注意してください」と呼びかけました。

なお、春季全国火災予防運動の期間中には、そのほかに下記の訓練が予定されています。

11月8日(金) 長門市立三隅保育園  防火パレード

11月15日(金) 特別養護老人ホーム 養寿苑 自衛消防訓練