ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 香月泰男美術館が入館者50万人を突破

香月泰男美術館が入館者50万人を突破

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月17日更新
香月泰男美術館の入館者が50万人を突破

香月泰男美術館の入館者が50万人を突破
50万人目の入館者となったのは、兵庫県西宮市在住の阪口千鶴さん・博教さん夫婦
くす玉を割って50万人達成を祝う
「ここに来るのはこれが初めて。それが、記念すべき50万人目となったのでびっくりしている」と阪口夫婦

 8月17日(土曜日)、香月泰男美術館の入館者が50万人を突破し、記念セレモニーが行われました。

 50万人目の入館者となったのは、兵庫県西宮市在住の阪口千鶴さん・博教さん夫婦。セレモニーでは、大西市長から花束と記念品として香月画伯素描「コスモス」複製画などが贈呈されました。

 阪口さん夫妻は「テレビでシベリヤシリーズを見たが、香月泰男美術館に来るのはこれが初めて。それが、記念すべき50万人目となったのでびっくりしている。これを機に、香月泰男美術館の作品をもっと見てみたい。」と話しました。

 香月泰男美術館は平成5年10月25日開館して、今年で開館25周年を迎えました。

 

≪達成年経緯≫

10万人目 平成7年7月11日

20万人目 平成9年11月19日

30万人目 平成15年2月22日

40万人目 平成21年7月5日