ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 綺麗な川をいつまでも~鮎の放流体験~

綺麗な川をいつまでも~鮎の放流体験~

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月5日更新
児童たちは鮎を優しく川に放流し、優雅に泳ぐ姿に魅入っていました

児童たちは鮎を優しく川に放流し、優雅に泳ぐ姿に魅入っていました
バケツに入れられた鮎を受け取ってから放流を行いました
鮎や深川川に関する授業が行われました。
児童は鮎について様々な質問をするなど盛り上がりました

5月7日(火曜日)、ほっちゃテレビ横の河川公園にて深川小学校4年生による鮎の放流体験が実施されました。

 これは深川川漁業協同組合が、河川の環境整備と生態系の維持保全を目的に、毎年実施しているものです。この日は、深川小学校4年生89人が集まり、バケツに入った鮎を受け取ると、優しく川に放流し、優雅に泳ぐ鮎に魅入っていました。

 その後、鮎や深川川に関する授業が始まり、児童は鮎について様々な質問をするなど盛り上がり、参加した児童は「鮎を見るのは初めてで、貴重な体験だった。早く大きくなってほしい。」と話しました。