ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 経済産業省より田村氏が派遣

経済産業省より田村氏が派遣

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月2日更新
田村氏に経済観光部理事の辞令が交付された

田村氏に経済観光部理事の辞令が交付された
「若さと行動力を発揮して取り組んでほしい」と大西市長から激励
田村氏は経済観光部理事として長門湯本温泉観光まちづくり事業などに取り組む

 平成30年7月1日から経済産業省から長門市へ派遣された職員の辞令交付式が、7月2日(月曜日)、長門市役所で行われました。

 派遣されたのは田村富昭氏で、田村氏は平成17年4月に経済産業省に入省し、地域技術課、経済産業政策局企業行動課などを経て、現在、製造産業局生活製品課長補佐として活躍されています。

 辞令交付式では、大西市長から田村氏に辞令が交付された後、大西市長から「7月1日付で長門市経済観光部理事を命じました。経済産業省に入省されそこからの出向ですが、理事という職については市長が特命する業務について携わり、とりわけ湯本温泉観光まちづくり事業についてはぜひともお願いしたい。長門市の経済活動の活力創生に向けても関係づくりに取り組まれ、経済が活力を生むよう、行動力と若さを十二分に生かしていただきたい」と激励の言葉が送られました。

 田村氏は経済観光部理事(長門湯本温泉観光まちづくり事業担当)として、プロジェクトチームを取りまとめ、ハード・ソフト事業の進捗管理や事務局長として推進会議およびデザイン会議の開催、地元対応など総合調整役を担う予定です。