ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > みすみハーブを愉しむ日

みすみハーブを愉しむ日

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月10日更新
約100種類のハーブを愉しむ

約100種類のハーブを愉しむ
ハーブでリースづくりを体験
小中学生がボランティアとして活躍
ハーブの香りに包まれた会場には多くの来場者が
ハーブの香りとシャボン玉で包まれる

 6月10日(日曜日)、「みすみハーブを愉しむ日」が三隅の香月泰男美術館横の「ふれあい広場」と「ハーブ園」を会場に開催されました。

 ハーブの香りに包まれた会場では、ハーブを使ったお茶や料理、グッズの販売、リース作りなどが行われました。また、ハーブの摘み取りが人気を集めたほか、スケッチ大会も開催され、ハーブをスケッチする子どもたちの姿が見られました。その他にも、乗馬体験やくじら鍋など地元グルメの露店が並び、多くの来場者がイベントを愉しまれました。

 なお、会場では三隅地区の小中学生40人がボランティアとして参加し、各ブースの運営を協力してイベントを盛り上げていました。