ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 市内の小中学校で入学式

市内の小中学校で入学式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月9日更新
担任の先生に連れられて新入生が入場

担任の先生に連れられて新入生が入場
担任の点呼に合わせ、大きな声で返事をする新入生
「お兄さん、お姉さんを見習って立派な深川小一年生になってほしい」と大塚校長
児童を代表して6年生の古田さんが「困ったことがあったら声をかけてください」とあいさつ

4月9日(月曜日)、市内の各小学校・中学校で入学式が行われました。

このうち深川小学校では、新たに81人が入学。新入生の呼名が行われた後、大塚準校長は「今日からピカピカの一年生。皆さんが入学してくるのを楽しみに待っていました。学校生活を元気に送る秘訣として一つは、笑顔で大きな声であいさつをすること、もう一つは交通事故にあわないよう飛び出さないこと。この2つを守って、楽しい学校生活にしていきましょう」とあいさつしました。

最後に在校生を代表し、6年生の古田結梨さんが「入学おめでとうございます。困ったことやわからないことがあったらぜひ声をかけてください。いつでも手伝います。たくさんの友達をつくって楽しい小学校生活を送りましょう」と新入生に呼びかけました。

なおこの日、市内の小学校11校では合計206人が、市内の中学校5校では合計255人が入学式を迎えたとのことです。