ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長く愛される施設に~仙崎児童クラブ開所式

長く愛される施設に~仙崎児童クラブ開所式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月30日更新
テープカットで完成を祝う

テープカットで完成を祝う
「多くの人に愛される施設になることを願っています」と大西市長
「みんなで仲良く楽しく過ごします。大切にします」と児童代表の中島さんと五嶋さん
児童保育室など館内を見学
仙崎小学校の敷地内に建設。事業費は約4千万円

 3月30日(金曜日)、仙崎児童クラブの建物が完成し、関係者が出席して開所式が開かれました。

 仙崎児童クラブはこれまで仙崎小学校の教室内で運営していましたが、利用者数の増加に伴い安全性の確保から新しい施設の建設を行ったもので、平成29年11月に工事を着手し、このたび完成の運びとなりました。

 開所式では大西市長が「子どもたちの安全安心を図り、子育てしやすいまち長門市としての取り組みとして着工した。地元の人に長く愛される施設として使われることを願います」とあいさつ。続いて児童を代表して仙崎小学校3年生の中島幸那さんと1年生の五嶋美愛さんが「新しい児童クラブをつくっていただきありがとうございました。みんなで仲良く楽しく過ごし、大切にしていきます」とあいさつしました。続いてテープカットを行い完成を祝いました。

 新しい仙崎児童クラブは30日午後から使用開始され、平成30年度には約60人の利用申込があるそうです。