ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 学生と市内企業をつなぐ合同企業ガイダンス

学生と市内企業をつなぐ合同企業ガイダンス

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月11日更新
中高生やその保護者ら約50人が参加

中高生やその保護者ら約50人が参加
市内企業の担当者の説明を熱心に聞く学生ら
ビデオで会社の紹介
市内の企業16社がブースを出展
主催したNPO法人つなぐの岡藤明史理事長

 3月11日(日曜日)、ルネッサながとで合同企業ガイダンスが開催され、中高生や保護者ら約50人が訪れました。

 これは、市内企業16社の経営者や人事担当者が出席して、就職を希望する高校生やその保護者、中学生、学校教諭などを対象に、自社の魅力や仕事のやりがいなどをPRする場を設けることで、長門市での就職の促進を図ろうと、NPO法人つなぐ(NPO認定手続き中)が主催して開催されました。

 会場には各企業のブースが用意され、参加した学生らは興味のある企業のブースを訪れ、担当者から会社の概要や仕事の内容、福利厚生などの説明を受けたり、気になったことなどを質問したりしました。参加した学生からは「身近にある企業だけどどんなことをしているのかこれまで知らなかった。説明を聞いてイメージがわいた」「地元で就職を希望しているので、参考になった」など感想を述べていました。

 主催したNPO法人つなぐの岡藤明史理事長は「長門市の魅力ある企業の情報を子どもや保護者にしっかりと知ってもらうことが狙い。参加してくれた子どもたちがとても良い顔をしていたのが収穫の一つ。今回の反省を生かし2回目、3回目と続けたい」と話していました。