ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ルネッサながとサンクスまつり

ルネッサながとサンクスまつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月3日更新
シカやイノシシなど有害鳥獣の骨や皮を使ったアクセサリーに興味を示す来場者

シカやイノシシなど有害鳥獣の骨や皮を使ったアクセサリーに興味を示す来場者
文化情報ギャラリーは照明を落としたおしゃれな空間に
フラワーアレンジメントなどのワークショップも開催
手作り作品や飲食などの店舗が並ぶ

 3月3日(土曜日)、ルネッサながとで「サンクスまつり」が開催されました。

 ロビー周辺では、今回で3回目の開催となる「Art Market Renaissa」が行われ、市内外からガラス細工や木工細工、ハンドメイド雑貨などのクラフト製品やパン、弁当、カレー、コーヒーなどの飲食を提供する約70の出店があり、来場者はお気に入りの作家の作品を手に取ったり、作家と話をしたりして楽しんでいました。

 また、文化情報ギャラリーは照明を落とした幻想的な空間に器などのアートギャラリーや服飾、リノベーションの家具などの展示販売のほか、市内作家によるフラワーアレンジメントの展示・体験も行われました。この日はほかにも、アリーナの無料開放され、親子や友達同士でミニテニスやバドミントンを楽しむ姿も見られました。

 このイベントは3日と4日の両日開催され、4日(日曜日)には劇場で長門ストリートダンス愛好会が出演する「AMR DANCE SHOW」も開催され、多くの来場者でにぎわいました。