ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 里山の自然と食、温泉を満喫

里山の自然と食、温泉を満喫

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月3日更新
俵山しっちょる会のガイドが温泉街を案内

俵山しっちょる会のガイドが温泉街を案内
里山の風景を眺めながら全長8kmの道のりを歩く
チェックポイントではスタンプラリーも開催
ガストロポイントの焚火カフェではシイタケを自分で採取
自分で採ったシイタケを焼き、自然の中でおいしくいただく

 3月3日(土曜日)、「第2回ONSEN・ガストロノミーウォーキングin長門・俵山温泉」が俵山地区で開催され、県内外から25人が全長8kmのコースを歩きました。

 ONSEN・ガストロノミーウォーキングとは、豊かな自然や良い景色を見られる場所を歩いてめぐりながら、温泉地が持つ「食」と「文化」の魅力を体感するウォーキングイベントで、長門市では昨年の7月に開催して以来、2回目の開催となります。今回はジビエをテーマとし、農家の縁側や絶景ポイントに。日常化している里山のジビエグルメで提供する全長8kmのコースが設定されました。

 開会式では俵山温泉合名会社の鷲頭理事長から「俵山はめぐる、食べる、つかるが揃っているので、ウォーキングを楽しんでください」とあいさつがあったのち、俵山をガイドする俵山しっちょる会の宮野ガイドの先導のもと、俵山温泉湯町駐車場をスタート。木造3階建てが並ぶ昭和レトロな温泉街を歩きながら、温泉の歴史や効能がガイドにより紹介されました。また、白猿の湯の泉源を見学。地底から湧き出る温泉を目の当たりにした参加者らから「透き通っていてすごくきれい」など感想を述べていました。

 最初のガストロポイント(グルメステーション)には焚火カフェが用意されており、甘酒や山口県の地酒「獺祭」、かきもち、焼き芋がふるまわれたほか、シイタケを原木から採取し、自分で焼いて食べる体験も用意されており、参加者は自然体験を楽しんでいました。

 その後、参加者らは全長8kmのコースを歩き、鹿のローストや鹿しゃぶしゃぶ、しし汁といったジビエ、竹が広がる里山の風景を堪能しました。