ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第4回やまぐち伝統芸能まつり

第4回やまぐち伝統芸能まつり

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月25日更新
俵山子ども歌舞伎など県内外から6団体が参加

俵山子ども歌舞伎など県内外から6団体が参加
舞台上で堂々と口上を述べる児童に会場から大きな拍手が送られる
「白浪五人男」のワンシーンを熱演
田布施町の大波野神舞など県内外の伝統芸能が披露された
文化情報ギャラリーでは出演団体の衣装や小道具などの展示も開催

 2月25日(日曜日)、「第4回やまぐち伝統芸能まつり」がルネッサながとで開催され、地元の俵山子ども歌舞伎や県内の伝統芸能などの発表が行われました。

 ルネッサながとでは山口県を代表する文化財の魅力の再発見と伝統文化の保存・継承の機運を盛り上げることを目的に、県内伝統芸能の競演「やまぐち伝統芸能まつり」を開催しています。今年は明治維新150年を迎えることから山口県指定文化財の人形浄瑠璃・神楽・狂言と鹿児島県から国指定重要無形民俗文化財の「東郷文弥節人形浄瑠璃」が招かれました。

 俵山子ども歌舞伎は市内の俵山小学校の4年生から6年生の児童13人が「白浪五人男」を熱演。口上ののちに花道から白浪五人男が登場し、一人ひとり歌舞伎特有の動作とセリフで会場を沸かせ、来場者から大きな拍手が送られていました。

 また、文化情報ギャラリーでは2月24日(土曜日)から「やまぐち伝統芸能まつり資料展」も開催され、出演団体の衣装や小道具などが展示されています。会期は2月28日(水曜日)まで。

 

 なお、出演した団体は次の通り。

  •  東郷文弥節人形浄瑠璃保存会(鹿児島県薩摩川内市)
  •  徳地人形浄瑠璃保存会(山口市)
  •  大波野神舞保存会(田布施町)
  •  俵山子ども歌舞伎(長門市)
  •  別府岩戸神楽舞保存会(美祢市)
  •  山口鷺流狂言保存会(山口市)