ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 第24回長門市美術展開幕

第24回長門市美術展開幕

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月10日更新
(左から)森田さん、上田さん(代理出席)、津田さん、松本さん

(左から)森田さん、上田さん(代理出席)、津田さん、松本さん
「毎年レベルの高い出品がそろう」と大西市長
「若い人の出品を促すような環境づくりも大事」と木本審査委員長
大賞である長門市長賞には津田慶子さんの絵画が受賞
入場は無料、会期は2月18日まで

 2月10日(土曜日)、ルネッサながと文化情報ギャラリーで「第24回長門市美術展」のオープニングセレモニーが開催されました。

 長門市美術展は市民の文化作品を募集し展示することで長門市の芸術文化の振興と普及を図るもので、今年で24回目を迎えます。今年は工芸・彫塑の部に6名・11点、絵画の部に12名・19点、書の部に8名・8点、写真の部に17名・32点の計43名・70点が出品されました。

 オープニングセレモニーでは大西市長が「毎年力作が出品される。市の芸術文化の向上に向け、多くの人に出品してもらいたいし、多くの市民にも見てもらえれば」とあいさつ。続いて、木本信昭審査委員長が「全体的にレベルの高い作品が揃った。出品者の8割近くが60歳以上であり、若い人が出品できるような環境づくりも必要」と総評を述べ、その後、各部門の審査委員による講評が述べられました。

 大賞である長門市長賞には絵画の部に出品された津田慶子さんが選ばれ、長門市議会議長賞には書の部の松本実佳さんが、長門市教育長賞には写真の部の森田宏昭さんが、長門文化協会長賞には工芸・彫塑の部の上田生夫さんが受賞されました。

第24回長門市美術展の会期は2月18日(日曜日)まで。入場は無料です。

 

受賞者および作品(敬称略)

  • 長門市長賞 絵画の部 「明日へ」 津田慶子 
  • 長門市議会議長賞 書の部 「近代詩 YUSUKEの詩」 松本実佳
  • 長門市教育長賞 写真の部 「光跡」 森田宏昭
  • 長門文化協会長賞 工芸・彫塑の部 「志野焼茶碗」 上田生夫