ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 冬至に「長門ゆずきち小町の湯」

冬至に「長門ゆずきち小町の湯」

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月22日更新
1日限定で、冬至に合わせて開設された「長門ゆずきち小町の湯」

1日限定で、冬至に合わせて開設された「長門ゆずきち小町の湯」
音信川河川公園足湯に果実が入れられる
長門ゆずきち生産農家から、合計150kgの果実が提供された
香りを楽しみながら足湯に浸かる
長門湯本温泉では、川沿いの「おとずれ足湯」でも実施されている

 今年の冬至となる12月22日(金曜日)、長門湯本温泉の音信川河川公園足湯とおとずれ足湯、湯免ふれあいセンターと黄波戸温泉交流センターの露天風呂に、市の特産品である「長門ゆずきち小町」を使った湯が開設されました。

 本市では、古来から冬至の日に「柚子湯」に入浴する習慣があります。浸かると血液の流れが良くなることで、ひびやあかぎれを治せるほか、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげる効果もあるといわれています。

 長門ゆずきち生産農家の協力で150kgの果実が提供され、実施された「長門ゆずきち小町の湯」では、爽やかな香りに包まれながら、癒しのひとときを過ごすことができます。この日、音信川河川公園の足湯に浸かった人からは「とても寒くなり、足湯が気持ちいい季節になった。ゆずきち小町は見た目も香りも良く、心も体も温まります」といった感想が聞かれました。

 なお、開設場所・日時は下記のとおりです。

  • 音信川河川公園足湯 12月22日(金曜日)10時~23日(土曜日)10時
  • おとずれ足湯 12月22日(金曜日)10時~23日(土曜日)10時
  • 湯免ふれあいセンター露天風呂 12月22日(金曜日)10時~21時
  • 黄波戸温泉交流センター露天風呂 12月22日(金曜日)10時~20時