ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 全日本マスターズ陸上で第1位に

全日本マスターズ陸上で第1位に

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月12日更新
全日本マスターズ陸上競技選手権大会で第1位となった上田十太さん(左)

全日本マスターズ陸上競技選手権大会で第1位となった上田十太さん(左)
「仲間に恵まれているからこそ、こうして頑張ることができました」と大会を振り返る
大会ではM65のカテゴリーで800mを走り、2分28秒99の記録を残した

 12月12日(火曜日)、長門市役所で、「第38回全日本マスターズ陸上競技選手権大会」に出場した上田十太さんが大西市長に結果報告を行いました。

 10月27日(金曜日)~29日(日曜日)に、和歌山県紀三井寺公園陸上競技場で開催された同大会において、上田さんはM65(男子65歳以上69歳以下)の800mに出場。2分28秒99を記録し、第1位の栄光を手にしました。報告を受けた大西市長は「年を重ねても運動を続け、こうして素晴らしい成績を残されたことは、後輩たちの励みになります。おめでとうございます」とお祝いの言葉を送りました。

 練習では、市内で12~15km程度の距離を走ったり、ながとスポーツ公園を活用してインターバル走などに取り組んでいるという上田さん。M65のカテゴリーでは、400mで1分03秒47、800mで2分25秒92、1500mで5分08秒24と、3つの山口県記録を保持しています。報告を終えて、上田さんは「毎年衰えは感じているが、たくさんの人の協力や応援があり、仲間に恵まれているからこそ、こうして頑張ることができました」と大会を振り返りました。