ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > ゴール間際の大接戦

ゴール間際の大接戦

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月10日更新
「江良区」と「三ヶ村」がわずか0.47秒差でゴール

「江良区」と「三ヶ村」がわずか0.47秒差でゴール
1区の小学生男子が一斉にスタートを切る
1周1.62kmのコースを使用し、区間によって半周・1周・1周半を走る
今回は6チームが出場し、選手には沿道から声援が送られる
大会後には、コース1周のマラソンも行われた

 12月10日(日曜日)、旧大畑小学校周辺で「第29回深川地区ふれあいスポーツ駅伝大会」が開催され、同地区の自治会から6チーム(うちオープン参加1チーム)が参加しました。

 この大会は、1周1.62kmの周回コースを使用し、各チーム8人で合計12.96kmを走るものです。各区間には小学生・一般女性・40歳以上などの年齢制限が設けられ、走行距離も半周・1周・1周半と区間ごとに分けられています。開会式では、大会を主催する深川スポーツ振興会の伊藤明生会長が「例年1月に開催していた大会を、今回は12月に開催することになりました。来月行われる市民駅伝に向けた練習の場として活用し、走ってもらえればと思います」とあいさつしました。

 レースは9時45分に、1区を担当する小学生男子が一斉にスタート。オープン参加の「ちびくらB」、次いで「上川西2・3区」が中継点に帰ってきましたが、その後、2~5区の選手が区間賞の走りを見せた「江良区」がトップに立ち、一度も譲らずにアンカーへリレーしました。その後、トップに1分57秒差の3位でタスキを受け取った「三ヶ村」が追い上げを見せたものの、わずか0.47秒差で逃げ切り、「江良区」が優勝を果たしました。

 ゴール間際の大接戦に、沿道からは大きな声援が送られ、この日一番の盛り上がりを見せました。

 なお、出場チームの順位・記録は次のとおりです。

  • 1位 江良区 54分14秒40
  • 2位 三ヶ村 54分14秒87
  • 3位 上川西2・3区 56分15秒
  • 4位 ガンバ板持 56分18秒
  • 5位 ちびくらA 1時間06分49秒
  • オープン参加 ちびくらB 57分57秒