ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 総務大臣表彰を受賞

総務大臣表彰を受賞

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月7日更新
総務大臣表彰を受賞した俵山地区発展促進協議会(藤野忠次郎会長・左)と上田俊成さん(右)

総務大臣表彰を受賞した俵山地区発展促進協議会(藤野忠次郎会長・左)と上田俊成さん(右)
受賞を報告する
これまでの活動を振り返り、話を交わす

 12月7日(木曜日)、長門市役所で、地方自治法施行70周年を記念した総務大臣表彰の受賞者が大西市長に報告を行いました。

 このたび表彰を受けたのは1個人と1団体で、長門文化協会の顧問であり、萩市の松陰神社名誉宮司でもある上田俊成さんと、俵山地区発展促進協議会です。同協議会からは、会長を務める藤野忠次郎さんが報告会に出席しました。

 上田さんは山口県文化連盟の会長をはじめ、芸術や文化に関わるさまざまな県の委員などに就任し、山口県総合芸術文化祭の開催など、文化振興を通じた地域づくりに尽力した功績により表彰されました。俵山地区発展促進協議会は、温泉を活用したグリーンツーリズムの推進や特産品の開発、地域の特性を生かしたイベントの開催などを通して、全国の中山間地域の模範となるような取組を続けていることが評価され、このたび受賞が決まりました。

 報告では、上田さんが「思いもよらないことで、ありがたいです。今後も機会があれば、私なりに地域に尽くしていきたい」と、藤野さんが「これからも一生懸命、地域の発展に向けて活動を続けていきたい」と話し、大西市長は「このたびの受賞は大変名誉なことであり、市の発展においても弾みになります。今後のご活躍にも期待しています」と答えました。