ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 家庭の日フォトコンテストと「よいこと表彰」の表彰式

家庭の日フォトコンテストと「よいこと表彰」の表彰式

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月5日更新
コロナ禍においても地域の人とつながり、貢献する活動が行われた

コロナ禍においても地域の人とつながり、貢献する活動が行われた
受賞者一人ひとりに賞状が手渡された
あいさつをする山本達明会長
お礼のことばを述べた山崎涼雅くん
フォトコンテストには49作品の応募があった

 12月5日(土曜日)、物産観光センターにて、第13回「家庭の日」フォトコンテストと令和2年度「よいこと表彰」の表彰式が開催されました。

 この表彰は長門市青少年育成市民会議が主催しているもので、家族のふれあいや絆を深める機会を作る大切さを広く市民に呼びかけ、地域・社会に貢献している人を表彰することで、次代を担う児童生徒の健全育成を推進することを目的に毎年行われています。

 受賞者に表賞状が授与された後、長門市青少年育成市民会議の山本達明会長は、「写真からは家族とのふれあい、あたたかな雰囲気が伝わってきて、見ている人をほのぼのさせてくれます。受賞をきっかけに、あたたかい家庭に囲まれていることとあたたかい雰囲気をを作ってくれている両親に感謝してください。また、親や家族を大切にする気持ちや他人への思いやりなどを育み、大人になった時には自分があたたかい家庭を作れるようにしてください。」とあいさつしました。

 受賞者を代表して、日置中学校の山崎涼雅生徒会長が、「アルミ缶を回収してその売り上げを日本赤十字社山口支部に寄託した活動は、中学生だけでなく、日置・神田小学校の児童や保護者、多くの地域の人の協力があって成し遂げられたことに意義があり、地域全体でいただいた賞だと思っています。これからも学校と地域の結びつきができるような活動を行い、地域で力が発揮できるように頑張りたい。」とお礼のことばを述べました。

 受賞者は次のとおりです。

 「家庭の日」フォトコンテスト
・最優秀賞 (1名) 三好 祐真 (日置小5年)
・優秀賞 (2名) 又野 晃太朗 (仙崎小1年)
           中野 瞬 (深川小3年)
・入 選 (3名)   杉山 心咲 (深川小1年)
           坂田 晴悠(深川小2年)
                        竹本 倖菜 (仙崎小1年)

  「よいこと表彰」
個人表彰 4名   河村 優太(深川小学校6年)
           村部 千尋(油谷小学校4年)
            秋山 真之
                        大野 芳継(青少年育成市民会議通支部)

団体表彰 3団体 通小学校
                        向津具小学校 集団登校班(大和地区)
                        日置みすゞ学園(日置中・日置小・神田小)