ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 長門の話題 > 長門市役所職員が只の浜を海岸清掃

長門市役所職員が只の浜を海岸清掃

<外部リンク> 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月7日更新
散乱している漂流ごみ

散乱している漂流ごみ
プラスチックごみや漁具などさまざま
拾ったごみはフレコンバッグに入れて運ぶ
フレコンバッグはユニックで釣り上げる
とてもきれいになりました。

8月7日(金曜日)、長門市役所の職員が只の浜を海岸清掃しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、例年実施されている海岸清掃やクリーンウォークといった清掃イベントが中止になっていることから、長門市の美しい海を守るために職員の有志で清掃活動をすることになったものです。

市職員約50名が夕方6時前から作業を開始し、漁具やプラスチックごみなどの漂流ごみを拾い上げ、フレコンバッグに詰め込み、ユニックで持ち上げてダンプカーに積み込みました。

約1時間の作業でフレコンバッグ12袋分のごみを回収することができ、海岸は見違えるほどきれいになりました。

末廣生活環境課長は「たくさんの職員の参加があったおかげで、人工物がほとんどなくなり、海がとてもきれいになりよかったと思います。みなさんのボランティア精神に感謝します」と話しました。

今年は海開きが中止となっていますが、きれいな海を守ろうという海岸清掃の活動は、民間団体においてもされているとのことです。